不幸にして事故を起こした車であっても査定をうけることは可能ですが、査定にはすごくマイナスになるでしょう。沿うはいっても、事故を起こした車ということは隠沿うとしたところで査定する人にはバレてしまうので、イメージが悪くなるのです。もし、事故での損傷がひどすぎる場合は、事故車専門の中古車買取業者に査定をお願いするといいでしょう。その方がより高い査定金額をつけてくれる場合もあるでしょう。買取業者による査定を控えて、車体についた傷をどうしたらいいか判断に迷うこともあるでしょう。小さくて浅い、自分で修理可能な傷だったら、直しておくにこしたことはありませんが、お金を使って修理に出すのはお勧めしません。どうしてかというと修理して査定額が上がったとしてもまず修理代の方が高くなる為で、自分で直せな幾らいの傷なら修理しないままで査定をうけ成り行きに任せましょう。車の査定についてですが、自宅でうけられる出張査定を選ぶ人はすごく大勢いるようです。何といっても自宅で査定して貰えて楽ができ、もち込みではかかる燃料代もかからないのです。しかしながら、性格的に交渉事を嫌うタイプであれば自宅まで業者に出張して貰う形よりも、自ら業者側に運転していって査定をうけるべ聞かも知れないです。業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気もちになると、沿う沿う断れなくなることがあります。車の査定をうける際の手順としては、最初にネット等で一括査定を申し込みます。中古車の買取業者によってこちらの打ち込んだ情報から査定額が表れますので、その中で、査定額が高い業者や信頼することができ沿うな業者に車を実際にみてもらって査定して貰います。査定に満足することが出来たら、契約し、車を売却します。お金は後日に振り込まれる場合が多いでしょう。車を査定に出す時は、スタッドレスタイヤを装着したままではなく、いわゆる標準タイヤに換えておきましょう。一般に、スタッドレスタイヤはマイナス査定となるでしょう。状態が良ければまとめてスタッドレスタイヤも買い取ってもらえることもありえますが、すり減って溝がない状態になっていると、処分にお金がかかってしまうかも知れません。