音楽番組を見ました。最初は、アルバムランキングやDVDランキングをやっていました。次は、シングルランキングなどをやっていました。

そして、スキーについて勉強しました。オープンスタンスでプルークボーゲンは、スキーを押す力を加減することで回転弧の大きさを調整します。

オーバーアクションで行ってみましょう。片開きプルーク(緩斜面)は、片方のスキーを直下方向に保ったまま、つま先を開いたり閉じたりしながら、片方のスキーを回します。

トップから回し込みプルーク(ごく緩い斜面)はスキーのトップから、外へ開いたり閉じたりしながらすねからつま先でスキーを回し込む動きを学びます。

おもい切りワイドなプルークボーゲンは、ターン後半精一杯ワイドなスタンスをとり、荷重を内スキー側によせ、積極的に外スキーのインエッジで雪面を押すようにします。

止まるときは、かかとを外へ押し開きながらエッジを雪面に強く押しつけるような感覚でブレーキをかけます。http://www.kamilprokop.com/